会社概要

創業の精神

創業の精神

昭和42年の8月の暑い日、創業者である織田廣はいつもと同じようにスクーターにまたがり、早朝に家を出て現場に向かった。引き渡し間近の工事現場(下水処理場新築工事)を担当していた廣は、技術屋としてやる気に満ちた働き盛りの32歳だった。その日はコンクリート打接工事という工程上重要な日で、いつもより気持ちが急いていた。
現場に近づき、少しずつ現場のことが気になり出した。交差点にさしかかり、右折すれば現場まで目と鼻の先というところで、直進してくる車に気がつかずスクーターごと跳ね飛ばされてしまったのである。左足首複雑骨折!それから一生左足をかばう生活を余儀なくされてしまった。
自宅で療養中、悶々としていた廣は独立を決意。現場を元気に走り回ることの出来ない足を抱え、建築設計事務所として開業することにした。昭和42年8月の1日のことだった。
ところが当時は有名な設計事務所でもない限り、建築設計だけを注文してくれるお客様は少なく、事務所を構えているだけでは注文など来る筈も無いという状況だったという。半年間ろくな仕事にもありつけず路頭に迷った廣は、親類縁者を頼り家や会社の修繕仕事をやらせていただく事で生計を立てるように軌道修正を図った。結局、今まで経験を積んできた建築の請負をやろうと決意し、翌年の2月15日に株式会社織田工務店を設立したのである。
ラガーマン織田廣の創業の精神は、≪ワンオブオール、オールオブワン≫とにかく「みんなに食べさせてもらっているんだ、曲がったことはするな!」が口癖だった。事故で左足が自由に利かなくなったことで、やむを得ず家族を養うために選んだ創業という道だったのかもしれない。しかし、その創業時の苦しさの中から得た創業者 織田廣のおもい「感謝の気持ちや、誠実さ、気概」は、今でも受け継いでいる。
そしてその後、持ち前の根性と努力により設立2年目には3億を売り上げ、周囲を驚かせたという。以来、肝臓がんで他界する56歳までの22年間、順調に業績を伸ばし業界や地域の方々に愛され、影響力を残し次世代へとバトンタッチしていった。
創業時の止むにやまれぬ状況で立ち上げた創業時の精神は、現在の織田工務店にその歴史と共に一人ひとりの心の中で受け継がれていると確信している。