住宅

トップページ住宅>免震対応

免震対応


一般耐震構法と免震構法の違いを検証するとともに、住宅用免震装置「FPS-HP」の構造と特長をご紹介いたします。

図:家族

一般耐震構法と免震構法の比較
 

図:一般耐震構法と免震構法の比較

※軟弱地盤等では法律上、免震住宅が建てられない場合があります。

■地震動を大幅カット“おや、地震かな?”の感覚

経験した人しか実感できないことですが、大地震のエネルギーは想像以上に巨大なものです。これに対し建物は「壊れまい、壊れまい」とひたすら強度を追求してきました。ただ、どうしても克服できない問題がありました。それは、「地盤と一緒に建物も激しく揺れる」ということです。そのため、建物自体は倒壊しなくても家具の下敷きになったり、揺れに対する恐怖が、その後「心のストレス」となるなどの深刻な被害が残ってしまいます。

■振り子の原理を応用した免震装置が、人と住まいを地震から守ります。

大地震が起きても激しく揺れない家をつくるには、地震のエネルギーを吸い取ってしまうという発想が大事なのです。住宅用免震装置「FPS-HP」は、建物と地盤との間に取り付け、振り子の原理で地震の激しい動きを小さくし、建物に伝わる地震動を大幅にカットする働きをします。


ページTOPへ
住宅用免震装置「FPS-HP」の構造と特長
 

1.建物規模に関わらず、高い免震効果を発揮します。
2.住宅向けに開発した低コストな免震装置です。
3.施工性に優れたシンプル・コンパクトな構造です。
4.耐久性に優れ、常に安定した性能を維持します。

[FPS-HPの設置状況]

図:FPS-HPの設置状況

[FPS-HPの構造]

図:FPS-HPの構造

■免震装置の働き

振り子の原理を応用したFPS-HPは、摺動面の半径によって周期が設定でき、さらに復元機能を持たせています。また摺動材の理想的な摩擦の働きによって地震の揺れを小さくします。 図:免震装置の働き

住宅用免震装置「FPS-HP」の構造と特長 一般耐震構法と免震構法の比較

 

デザインから探す

建築家と建てた家

シンプルモダン

和風住宅

洋風デザイン

住宅

早く帰りたくなる家作り

商業施設・集合住宅

スペースをクリエイトする織田工務店

地球温暖化対策事業

美しい地球を守る為に私たちに出来る事

住宅施工実績 織田工務店の施工実績のご紹介

お問合せ・資料請求

スタッフブログ

長兵衛の「湯楽畳」

建通新聞社